• ホームへ
  • 地球温暖化
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育ページへ
世界と約束-京都議定書- 京都議定書は地球を救うみんなの目標!! 私達が普通に生活をし、快適に暮らせば暮らすほど温室効果ガスを排出し、それによって地球温暖化が深刻化しています。

世界的に地球温暖化が心配されるなか、いままではアメリカや日本、ヨーロッパなどの先進国において温室効果ガスを削減するために、ある程度の削減目標を立てていただけで目標に達していなくても特に問題となっていませんでした。

しかし、その後の国の間での交渉により、このままでは地球がダメになるとの結論で、1997年12月に京都で開催された会議(第3回締約国会議:COP3)で、法律的に拘束力をもった温室効果ガスを削減するための議定書(約束の文書)が作られ、2005年2月16日に発効されました。これが京都議定書です。

その内容とは、温室効果ガスを多く排出している先進国に、法律的に拘束力のある数値目標が各国ごとに設定され、2008年から2012年までの5年間で温室効果ガスの削減をすることを約束し、わが国、日本では削減基準年(1990年)の排出量から6%削減することになりました。

削減しないと世界に対して罰金を支払うことになりました。世界と約束-京都議定書-