• ホームへ
  • 地球温暖化ページへ
  • エネルギーページへ
  • 新エネページへ
  • 省エネページへ
  • 環境教育
企業や職場で 環境教育の必要性・期待される効果企業の場合
企業や職場では地域・社会環境へ対して企業としての一面だけでなく、社会への責任を負っていることを「新人研修」などで取り上げてみてはいかがでしょうか。
  • 企業が取り組まねばならない理由
  • 企業が負う社会的責任とは?
  • 省エネ=地球温暖化防止=コスト削減→会社の業績にも繋がる
  • 現在の業務取り組み姿勢チェック
企業の場合、エネルギーの利用量を減らすことは直接コスト削減に繋がることが多い上に、近年企業の取り組み姿勢をも消費者が注視する傾向にあります。
社員一人ひとりの意識を高める環境教育の持つ意味は重要なものとなっています。 環境教育

「使用していない機器の電源は切る」「ウォームビズ・クールビズの実施」などの取り組みは企業規模が大きくなればなるほどその効果も比例して大きくなります。

管理者側からの押さえつけで嫌々実施しているのでは継続しての取り組みは難しいものになります。
個々の社員が社会に対して責任があること=環境への取り組みは自分自身の利益になることを訴える内容の環境教育が望ましいでしょう。

  • 教育実施例ページへ
  • ボランティア講師派遣紹介ペ0ジへ
  • 教材情報ページへ
ページトップへ